ホメオパシーによるアレルギー療法に、関心を持つ人もいるでしょう。
西洋医学のように病気の症状を抑えようとするのではなく、ホメオパシーの場合は、病気を治す症状へと働きかけるものです。
ホメオパシーの基本原理がすでに、今までの医学とは異なります。
病気の症状は治そうとする本人の努力の表れといった視点にもなっています。
アレルギー治療のために役立つ治療薬として、ホメオパシーで用いるアレルギー治療薬は、すべてが無害であり安全です。
薬局や健康食品店で購入することもできます。
小さな錠剤であったり、液体のタイプも使うことができます。

花粉症の治療のための治療薬は、アセニクム・アルボムがあります。
つらい花粉症の症状を緩和してくれる作用を発揮します。
花粉症ならではの鼻水のアレルギー症状を治しながら、ぜんそくのような症状までも軽減させます。

涙目や鼻水、咳のでクロトへの補助的な治療薬としては、コゴメグサのエアフラジアがあります。
頭のうっ血の緩和には、カリ・ビクロミクムを使うことができます。
花粉症の症状を緩和するのは、アネモネのプルスティラです。
咳も辛い喘息症状を和らげるためには、とても有効なものとなります。
目にかゆみや鼻水、くしゃみなどの症状には、ユリ科のバイケイソウ属のサバディラが効果を発揮してくれます。
皮膚に感じるアレルギーに対して、有効な治療薬もあります。
蕁麻疹のかゆみや食物アレルギー反応、虫刺されのあとの腫れなどのも有効なのは、ミツバチのアピス・メリフィカです。

アナフィラキシーの症状はさまざまですから、安易に考えてはいけません。
急激な血圧低下によって、意識を失うこともありますから、こうしたショック症状などは危険な状態です。